天地の境(雲上界)の名勝地を 散策し、富士山の山肌を満喫!

5月初旬から11月初旬まで散策を楽しめます。富士山五合目は「天地の境」。標高2,300m前後の雲上界なので、眼下には雲を見下ろし、富士山頂を間近に感じながら散策できます。天気の良い日には、富士五湖や遠方の日本アルプスを一望できます。富士山五合目は森林限界。溶岩・火山礫と針葉樹林が入り混じった、富士山ならではの景観が楽しめます。もちろん五合目までは車でらくらく。また、時間や体力に合わせて散策コースを選ぶことができます。

奥庭自然公園散策コース

Okuniwa

天狗伝説に彩られた、気軽な散策コース。富士スバルライン五合目の約2km手前の北側が奥庭自然公園で、散策コースが整備されています。入口には奥庭駐車場があるため、気軽に訪れることができる場所です。遊歩道の散策は一周約30分。中間点の展望台からは下界が一望でき、カラマツが黄色く紅葉する10月中旬は特に見頃です。また、コケモモ(ハマナシ)の群落もあり、春には白い花が、初秋には真っ赤な実を見ることができます。

奥庭自然公園

奥庭自然公園は、野鳥と花の宝庫です

カラマツ

紅葉したカラマツ越しに頂上を望む

展望台

展望台からの眺め

お中道散策コース

Ochudo

神と人間の境と言われた聖域。富士山を一周する中腹ルートで、かつて富士講(富士山信仰)が盛んだった頃は、富士山に3回以上登頂した者だけに歩くことが許された信仰の道でした。現在はお中道を一周することはできませんが、五合目から御庭までの区間は道が整備されています。平らで歩きやすく、春から初夏にかけてはお花畑のように各種の高山植物が観察できるため、人気の高い散策コースです。

草花

貴重な草花を観察

稜線

お中道の稜線を歩く

コース

林間と稜線が入り混じった楽しいコース

御庭自然公園散策コース

Oniwa

絶景が楽しめる大自然が創った庭園。お中道を五合目から約70分歩くと、御庭自然公園に到達します。その名の通り、大自然が創った庭園で、山頂を目前に、下界の展望も抜群です。五合目より手前の奥庭駐車場を利用すると、徒歩20分ほどで御庭の東屋に到着できます。周辺で見られるカラマツは、盆栽のように小さい独特の樹形をしており、これは風雪が厳しい富士山ならではのものです。

カラマツ

10月頃五合目周辺のカラマツ

景色

御庭から頂上を望む

休憩所

御庭にある休憩所

大沢崩れ散策コース

Osawakuzure

落石が続く危険地帯を見学。御庭からお中道をさらに90分ほど歩くと目の前に現れるのが、大沢崩れという断崖。約1,000年前から崩落が続く浸食谷です。現在でも、常に岩が崩れて煙を上げている様子を、安全なエリアから見学することができます。富士山ならではのスケールの大きさに、圧倒されること間違いなし!

上空写真

上空から見た大沢崩れ

ルート

大沢崩れを目指して

大沢崩れ

岩が音を立てて落下していく

富士山五合目周辺の植物

Plant

富士山五合目周辺では、不老長寿の伝説があるコケモモをはじめ、シャクナゲ、オトギリソウ、ムシカリなどの植物に出逢うことができます。また、富士山五合目は森林限界のため、極限の環境で育ったカラマツやコメツガ、シラビソ等の針葉樹林と、溶岩や火山礫からなる山肌との境目を観察するのも一興です。カラマツが黄葉する10月上旬~中旬は、特におすすめのシーズンです。

★植物や溶岩の持ち出しは禁止です。世界文化遺産・富士山の自然を守りましょう。

コケモモ

Cowberry

オトギリソウ

St.Jhon's wort

シャクナゲ

Rhododendron

ムシカリ

Honeysuckle

富士山五合目周辺の野生動物

Animal

富士山五合目周辺では、ニホンカモシカやニホンジカなどの野生動物や、野鳥に出逢うことができます。特に奥庭自然公園では、富士山には珍しい水場があるため、数多くの野鳥たちを観察できます。

富士山周辺ガイドマップ

Map

富士山と五つの湖の周辺マップです。

五合目周辺 ウォーキングガイド

五合目周辺の魅力を満載した、ウォーキングガイドブックです。

PDF
PDFをダウンロード